Recuvaの設定、使い方フリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

Recuvaの設定、使い方

1.Recuvaを起動します「スタート」-「Recuva」-「Recuva」
recuva_use1.JPG


2.ウィザードが表示されますが、使いませんので「起動時にウィザードを表示しない」にチェックを入れて「キャンセル」を押す
recuva_use2.JPG


3.復元したいファイルがあったドライブを選択し、スキャンを押すと復元可能なファイルをスキャン開始します。
(条件を指定したい場合は、右上のボックスにファイル、フォルダ名を入れると絞ることができますが、全表示させてから検索しても変わりません)
recuva_use3.JPG


4.スキャンが完了すると復元可能なファイルが表示されます。
復元の可能性が右側のアイコンの色 or 状態の項で確認できます。
またjpgなどプレビューが可能なものは右側の枠で内容を確認することもできます。
recuva_use4.JPG


5-1.復元したいファイルにチェックを入れて、右下の「復元」ボタンを押すと、復元先のフォルダをきかれます。
複数ハードディスクなどドライブを持っている場合は、もともとあった場所とは異なるドライブに復元すると復元率が高くなるようです。
recuva_use5.JPG


5-2.スキャンしても見つからなかった場合は、さらに厳密なスキャンをかけることができます。
右上の「設定」-「動作タブ」-「詳細スキャン調査時間(大)」をチェックして「OK」を押した後、再度5-1の手順でスキャンをして下さい
recuva_use7.JPG


6.実際にファイルを戻してみた結果です。
ちなみに、これはこのサイトのPDFツールの記事を書いた時の半月前に削除した画像が復元できました。
recuva_use8.JPG


※一部の画像の左上に「田」の形をしたものが写ってますが、これは「仮想デスクトップ」を実現してくれるフリーソフトでRecuvaとは無関係です。
気になる方はこちらから >> VirtualDesktop