PDF-XChange Viewerの使い方【PDFの編集】 フリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

PDF-XChange Viewerの使い方【PDFの編集】

PDFにさまざまな編集を加える方法


市販ものを使えばPDFの編集は色々できると思います。
ですが、フリーソフトとなると編集できるソフト自体が少ない状況です。
その中でも編集機能を多く持っているPDF-XChange Viewerの使い方を説明します。



0.事前準備
1.文字の編集
2.編集の削除、変更
3.編集情報の付与
4.線、枠、矢印など図形を入れる
5.文字を追記する
6.スタンプパレット
7.メジャー付きの図形
8.サイトのURLなどのリンクを埋め込む
9.ページの追加、削除




◆PDF-XChange Viewerの使い方
1つのPDFファイルに色んな編集を加えていく形で説明していきます。



0.事前準備
編集したいPDFファイルを開きます。
ツールバーの表示は右上の何も無いところを右クリックして全てのツールバーを表示して下さい。


pdfxchangeviewer_use1.JPG
目次に戻る



1.文字の編集
文字にハイライト、取り消し線、アンダーラインをつける
アンダーラインをつけてみます。
「アンダーラインボタン」⇒「色と透過率を選択」⇒「対象の文字をドラッグして選択」


pdfxchangeviewer_use2.JPG



取り消し線、ハイライトも同様のやり方でできます。


pdfxchangeviewer_use3.JPG
目次に戻る



2.編集の削除、変更
編集した部分を削除したい場合は対象を選択して「delete」ボタンか右クリックから削除を選ぶ。


pdfxchangeviewer_use4.JPG



変更したい場合は対象を選択してツールバーで色を選択し直したりできます。


pdfxchangeviewer_use5.JPG
目次に戻る



3.編集情報の付与
編集した1つ1つには誰が何のためにといった簡単なコメント情報を付加することができます。
「対象を右クリック」-「プロパティ」-「一般」


pdfxchangeviewer_use6.JPG



入力後、マウスを乗せると編集者に記載した内容が表示されます。


pdfxchangeviewer_use7.JPG
目次に戻る



4.線、枠、矢印など図形を入れる
矢印、丸、多角形、フリーハンドなどさまざまな図形を入れることができます。
ここでは雲形ツールを使ってみます。
「雲形ツールを選択」「色は緑」「線の太さを6」設定して雲で囲いたい部分を矢印のようにクリックして選択していき、ダブルクリックをすると確定されます。


pdfxchangeviewer_use8.JPG
目次に戻る



5.文字を追記する
追記とはいっても埋め込むのではなく、上書きのイメージになります。
「Aタイプライターを押す」「入力の始点をクリック」「文字サイズなど設定」「文字を入力」で追記できます。
この例では画像の上にサイトイメージと追記してみました。


pdfxchangeviewer_use9.JPG
目次に戻る



6.スタンプパレット
はんこのイメージで「Sold Out」とか文章の上に大きく記載されているあれです。
スタンプボタンの右側にある▼を押すと、いろんなスタンプが表示されます


pdfxchangeviewer_use10.JPG
目次に戻る



7.メジャー付きの図形
この例にあるように、ここからここまでは7.53cmといったような数値付きの図形が作れます。
メジャー付き図形ツールバーを選択し、色や、表示単位を設定することでこのような図形ができます。


pdfxchangeviewer_use11.JPG



3つあるツールバーのうち、一番右は多角形ツールなのですが、これを使った場合は面積も計算され、表示されます。


pdfxchangeviewer_use12.JPG
目次に戻る



8.サイトのURLなどのリンクを埋め込む
PDF上の特定の位置をクリックしたらサイトに飛ぶように、リンクを埋め込むこともできます。
この例では指定した範囲をhttp://furi-sofuto.com/にリンクさせる方法を載せています。
ツールバーから「リンク作成ボタンを押す」「範囲をドラッグして指定」「右クリックしてプロパティを選択」
起動したプロパティ画面左側で「Actions」を選択し、Addを押してリンクを入力します。
「一般」の方では領域の色やボーダーラインなどを変えることができます。
pdfxchangeviewer_use13.JPG


このような形でリンクを埋め込むことができます。
pdfxchangeviewer_use14.JPG
目次に戻る



9.ページの追加、削除
ページの追加、削除は残念ながらフリー版では使えなくなっており、Pro版買う必要があります。
ですが、追加は別のフリーソフトでできますし、削除は編集したい部分だけに絞った後に編集すればOKです。(PDFファイルをページ指定してPDF仮想プリンタに出力してPDF化してしまう)


pdfxchangeviewer_use15.JPG