自動起動するサービスを停止してログインを高速化フリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

自動起動するサービスを停止してログインを高速化

使っている人にはわからないが、Windowsにログインする際には様々なサービスが起動されています。
その中にはめったにつかわなかったり、常駐していなくても良いものがあります。
それらを停止することでログイン時間が短縮されたり、通常使用時の負荷を若干ですが軽減することができます。


サービス停止方法
1.「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」をクリック
kousokuka_service1.JPG


2.「全般タブ」-「スタートアップの種類を手動」にしてOKをクリック
kousokuka_service2.JPG



停止するサービスですが、名前を選択すると簡単な説明が出ますので、それを頼りに自分が必要かどうかを考える必要があります。
選定の基準としては、状態が開始になっているもの、スタートアップの種類が自動になっているものから考えて下さい。(状態と書かれている部分をクリックするとソートされます)


ざっと見たところ検討できそうなところはこんなとこでしょうか。
変更は自己責任で行ってくださいね。(とは言っても設定を戻せば元通りですが・・・)




Remote Registry
リモート ユーザーがこのコンピュータのレジストリの設定を変更できます。このサービスが停止された場合は、このコンピュータのユーザーのみがレジストリを変更できます。このサービスが無効になった場合は、このサービスに明示的に依存しているサービスはすべて開始できなくなります。


Automatic Updates
Windows Update のダウンロードとインストールを有効にします。このサービスを無効にしている場合は、自動更新機能や Windows Update の Web サイトをこのコンピュータで利用できません。


Computer Browser
ネットワーク上のコンピュータの最新の一覧を管理し、その参照者として指定されたコンピュータに一覧を提供します。このサービスが停止している場合は、一覧は更新も維持もされません。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存するサービスは何も開始できなくなります。


Help and Support
ヘルプとサポート センターを有効にし、このコンピュータで実行するようにします。このサービスを停止すると、ヘルプとサポート センターを利用することはできなくなります。このサービスを無効にすると、このサービスに明示的に依存するサービスは開始しません。


Print Spooler
遅延印刷をするために、ファイルを読み込んでメモリに格納します。


Messenger
ネットワーク送信と警告サービス メッセージを、クライアントとサーバーの間で転送します。このサービスは Windows メッセンジャとは関連していません。このサービスが停止している場合は、警告メッセージは転送されません。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存するサービスは何も開始できなくなります。


ClipBook
クリップブックを使って情報を保管し、リモート コンピュータと共有することができます。サービスが停止された場合は、リモート コンピュータと情報を共有できなくなります。このサービスが無効になった場合は、このサービスに明示的に依存しているサービスはすべて開始できなくなります。


Telephony
テレフォニー デバイスと IP ベース音声接続を制御するテレフォニー API (TAPI) を供給します。ローカル コンピュータと同様、このサービスを実行しているサーバーを LAN をとおして制御できます。