Google earth5.0で海中を探索、過去の画像を見ることができるようになりましたフリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

Google earth5.0で海中を探索、過去の画像を見ることができるようになりました

Google earth5.0βがリリースされました。


●海洋の探検(バージョン 5.0 の新機能)


kaiyou.JPG<

海中を泳ぎまわり、デービッドソン海山などの水中地形を探索することができます。
海面を表示するには、[表示]、[水面] の順にクリックします。[レイヤ] パネルで、[海] をオンにすると、海に関するさまざまな情報を表示することができます。
目印を使用して、海中の場所にもマークを付けることができます。



●過去の画像を振り返る(バージョン 5.0 の新機能)


kako.JPG
過去の地上のイメージを表示することができるようになりました。過去を訪れて、さまざま場所が、時間と共にどのように変化したのかを確認してみましょう。
ツールバーの [過去のイメージ] ボタン をクリックすると、過去のイメージを表示することができます。3D ビューアの左上隅にあるスライダを動かして、時間を遡ってイメージを表示してください



●ナビゲーションコントロール(バージョン 4.3 以降の新機能)


navi.JPG

新しいナビゲーション コントロールでお望みの場所を見つけてください。 コントロールの上部にある検索ジョイスティックを使用すると、見晴らしの良い場所から周辺を見渡せます。 コントロールの中央にある移動ジョイスティックを使用すると、上下左右に移動できます。 ズームの調整スライダを上下に動かすと、ズームインまたはズームアウトします ([+] がズームイン、[-] がズームアウト)。 検索ジョイスティックのまわりのリングをクリックしてドラッグすると、表示が回転します。

●太陽光の表示(バージョン 4.3 以降の新機能)
taiyou.JPG
太陽光ボタン をクリックすると、太c陽光が表示されます。 時間スライダを使用すると、日の出と日の入をどこからでも見られます。時間スライダを移動して、夕暮れ、夜明け、夕闇と、移り変わる風景をお楽しみください。

●夜空の表示(バージョン 4.2 以降の新機能)
yozora.JPG
星や星座、銀河などを探索します。これらの天体を表示するには、[表示] メニューの [Sky に切り替える] をクリックするか、[Sky] ボタンをクリックします。 これらの表示と非表示を切り替えるには、[レイヤ] パネルのチェックボックスを使います。3D ビューアで目印をクリックすると、天体に関する詳細情報が表示されます。

●写真の操作(バージョン 4.2 以降の新機能)
syashin.JPG
さまざまな場所にジャンプして、高解像度の写真を操作することができます。[レイヤ] パネルで [ギャラリー]、[Gigapxl Photos] の順に選択し、3D ビューアでお好きな写真アイコンをダブルクリックします。


Google mapのプライバシー問題(続く)

Yomiuri onlineより

 インターネット上で街並みの画像を閲覧できるグーグルの「ストリートビュー(SV)」を巡り、プライバシー侵害が指摘されている問題で、グーグル日本法人の担当者が3日、東京都の情報公開・個人情報保護審議会に出席し、「プライバシーについて詰めが甘かった」などと釈明、今後は画像を公開する前に該当する自治体に知らせる方針を初めて示した。

 同審議会では、全国的に「無断で自宅の画像を公開され不安だ」などの訴えが相次いでいることから、同法人の担当者を呼び、説明を求めた。担当者は、海外では画像を公開する前に官庁や自治体に説明していながら、日本では事前説明をしていなかったと明かした。住宅地の撮影についても「我々の想像力が足りなかった。今後は、各国の事情に配慮したい」と説明したが、具体的な改善策については「社内で議論を進めている」と述べるにとどまった。

 SVは一昨年5月、米国で始まり、日本では昨年8月に開始、現在10都道府県の街並みの画像が閲覧できる。都にはこれまで約40件の意見や苦情が寄せられている。

海外では地方自治体に知らせることで、いつ収録車が回ってくるかわかり、google mapの画像に上手く写りプロポーズしたなんてこともあったようですが、日本では公開されていなかったんですね。
googleの言い分としては、知らせなかったことは考慮が必要だったが、知らせる先がなかった・・・・と言うことらしいです。