Macrium Reflect FREE Edition ハードディスク全体をイメージ化してバックアップできるソフト(使い方、インストール方法)フリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

Macrium Reflect FREE Edition ハードディスク全体をイメージ化してバックアップできるソフト(使い方、インストール方法)

Macrium Reflect FREE Edition


macrium%20reflect.jpg


ハードディスクのバックアップソフトも色々ありますが、Windows起動したままハードディスクをイメージ化してバックアップできる優れものです。
もちろん復元することもできます。


バックアップ方法もいくつかのパターンで取得でき、フルバックアップ、増分バックアップ、差分バックアップに対応しています。
バックアップの設定もXMLファイルで保存して、いつでも呼び出して使うことができるようになっています。
さらにバックアップ時の圧縮率を指定することもできるようです。
もはやあたりまえですが、バックアップのスケジューリングを設定することで自動化も可能です。


操作は簡単でバックアップウィザードに従って、バックアップしたいパーティション(Dドライブなど)を指定して、作成されるイメージをどこに保存するか選択していくだけです。
保存先にはUSB、IEEE接続、ネットワーク接続のハードディスクやDVDに焼くこともできます。
作成したバックアップイメージは仮想ドライブソフトでマウントすることでエクスプローラーから参照したり、中のファイルをコピーすることもできます。


システムパーティション(Cドライブ)の復元にはブータブルディスクを別途作成する必要がありますが、このMacrium Reflectを使って作ることもできます。

◆ダウンロード方法
◆インストール方法
◆使い方
・初回起動時
・パーティションのバックアップ、イメージ化
・パーティションイメージからのリストア(復元)
・システムパーティション(Cドライブ)の復元
・スケジューリング、XML定義




◆ダウンロード方法


Macrium Softwareの公式ページの上部メニューからDownloadをクリックしてダウンロードページに行きます。


macrium%20reflect_download1.jpg


「Download Now」からダウンロードできます


macrium%20reflect_download2.jpg





対応OS : Windows XP, Vista, Server 2003 and Server 2008. 32 and native 64 Bit.
提供元 : Macrium Software
※こちらからダウンロードできます


◆インストール方法
インストールは一般的なソフトと同様、インストーラーにしたがって「Next」を押していくだけです。
・インストーラを起動した時の画面


Macrium_Reflect_install1.JPG



・インストールが完了した時の画面


Macrium_Reflect_install2.JPG

◆使い方
・初回起動時
初めて起動した時にはこのような画面が出ます。
オンラインレジストレーションとアップデートのチェックにインターネットへアクセスしますというメッセージです。


Macrium_Reflect_use1.JPG


・試用ライセンスキーの登録
試用する場合は「30days evaluation」にチェックをします。
自動で使用ライセンスキーが入力されますので「OK」を押します


Macrium_Reflect_use2.JPG


・パーティションのバックアップ、イメージ化
1.バックアップ対象パーティションを選択
2.パソコンからフォルダへ矢印が伸びているボタンをクリック
3.バックアップタイプ「フルバックアップ、差分バックアップ、増分バックアップ」から選択して、あとはウィザードに従って進めて下さい


Macrium_Reflect_image.JPG


・パーティションイメージからのリストア(復元)
1.フォルダからパソコンへ矢印が伸びているボタンをクリック
2.ウィザードでイメージの保存場所を指定して、後はウィザードに従って進めて下さい
Macrium_Reflect_restore.JPG


・システムパーティション(Cドライブ)の復元
1.CDのボタンをクリックして復元時に使うブート可能なLinuxCDを作成します
2.ブート可能なCDのOSは3種類から選択できますが、試用版ではwindowsは選択できませんので、ネット上でも一般的に情報が出ているLinuxが良いでしょう


Macrium_Reflect_bootable1.JPG


・スケジューリング、XML定義
画面上の赤丸で囲ったタブを選択し、その中のアイコンから設定できます


Macrium_Reflect_scheduled.JPG