WinSplit Revolution ショートカットキーでウィンドウをいつも決まった位置、大きさに戻すことができるソフトフリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

WinSplit Revolution ショートカットキーでウィンドウをいつも決まった位置、大きさに戻すことができるソフト

WinSplit Revolution
WinSplit%20Revolution.png


会社のパソコンなどいつも決まったことをするデスクトップでは、どこの何のウィンドウをどのくらいの大きさで使うか概ね決まっていると思います。
最初に位置、大きさを設定しておけばショートカットキー一発でその状態へ持っていくことができるソフトです。
最近ではワイドスクリーンのディスプレイも普及してきましたので、1画面に複数のウィンドウを並べて使いやすくなってきましたので、ちょっと便利なツールの1つです。

レイアウトの作成は、タスクトレイアイコンを右クリックして、Layout Settingsから行えます。
ウィンドウの座標、幅、高さを画面全体の%で指定しますので、画面サイズの異なる複数のパソコンでも同じ環境が簡単に実現できます。

マルチモニターの人には「Ctrl」+「Alt」+「←→」でウィンドウを隣のモニターへ移動させることや、2つのウィンドウを並べて表示することもできます。

対応OS : Windows 2000/XP/Vista
提供元 : WinSplit Revolution

※こちらからダウンロードできます