GUIDパーティションテーブル(GPT)の変更に対応した EASEUS Partition Master Home EditionフリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

GUIDパーティションテーブル(GPT)の変更に対応した EASEUS Partition Master Home Edition

EASEUS Partition Master Home Editionの新バージョンv6.0.1が、2010/6/30に公開されました

epm-home.gif

今回のアップデートは、GUIDパーティションテーブル(GPT)の操作に対応したことが一番の目玉となります


これまではマスターブートレコード(MBR)によりパーティション管理が主流でしたが、の置き換えとなる、新しいパーティション管理方法です

WindowsではXP Professionalあたりから対応し始め、Vista,7から完全対応するようになっています。
完全対応する前のXPなどではOS用としてBOOTすることができないが、データ用パーティションとしては使える程度の対応でした。


GPTにより何がよくなるかというと・・・実は私達個人のPCにはあまり関係ないかもしれません
1つのパーティションが2TBを超える場合、従来のMBRでは対応できなかった問題をGPTにより解決しています
その他にも、パーティション128個まで扱えるようになります


とは言っても、やっぱりパーソナルユースでそこまでの容量が必要になる人は殆どいませんよね・・・


対応OS : Windows Server 2000/2003/2008/2000/XP/Vista and windows7
提供元 : EASEUS
※こちらからダウンロードできます

◆EASEUS Partition Managerの過去記事

パーティションのサイズ変更、作成、削除が再起動なしでできるフリーソフト「EASEUS Partition Manager」
EASEUS Partition Manager使い方(パーティションサイズ変更)
EASEUS Partition Manager使い方(パーティションサイズ変更)

a