フリーソフトでパソコンの節電対策フリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

フリーソフトでパソコンの節電対策

3.11の大震災後、電力供給力不足から各所で節電対策を行っています
家庭でも使っていないコンセントを抜くだとか、エアコンの温度設定を1度高くするなどの対策をとっている方も多いと思います

意外にどうして良いかわからないのがパソコンの節電対策
一番お手軽にできるのが、ディスプレイの光度を下げることで一定の節電効果が得られます
これはすぐにでもやってみてはいかがでしょうか
ちなみに、ディスプレイはパソコン全体の30%程度の電力を使っているそうです

NoBlackout

NoBlackout.jpg

パソコンの設定を変更することで長時間使用していないと、自動でディスプレイが消えたり、ハードディスクの電源を落としたりできますが、仕事などで使い続けている場合は全く節電効果はありません
そこで、電力供給が不足してきた時だけパソコンを自動で休止状態にしてくれるフリーソフトがNoBlackoutです
休止状態ですので、作成中の資料など作業中の状態でそのまま休止状態にできるため、作業途中でもデータを守りながら必要な時だけ節電ができます

電力供給が不足の判定には各電力会社(東京電力、東北電力、中部電力、関西電力、九州電力)が公表しているデータをリアルタイムで確認し、閾値を超えた時に休止モードへ移行します
初期設定は東京電力に設定されていますので、お住まいの地域に応じて電力会社を設定して使うことができます

電力会社のデータは以下の通りです
電力会社 データURI
東北電力 http://setsuden.tohoku-epco.co.jp/common/demand/juyo_tohoku.csv
関西電力 http://www.kepco.co.jp/yamasou/juyo_kansai.csv
九州電力 http://www.kyuden.co.jp/power_usages/csv/electric_power_usageYYYYMMDD.csv
中部電力 http://denki-yoho.chuden.jp/denki_yoho_content_data/juyo_cepco.csv
東京電力 http://www.tepco.co.jp/forecast/html/images/juyo-j.csv


対応OS:Windows 7/XP/Vista
※動作には.NET Framework 4.0が必要
提供元:Cps Laboratory