フリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

fdel 日時、ファイル形式などの指定でファイルを自動削除できるフリーソフト

fedl
fdel.JPG



更新日、作成日、アクセス日といったタイムスタンプをチェックし、指定の条件でファイルを自動削除してくれるフリーソフトです
ディスクの空き容量を増やしたい人などには便利なソフトです



◆fedlの使い方
  1.対象の「監視フォルダ」を登録
  2.削除条件の「経過日数」を設定
  3.「監視間隔」を指定
    監視対象フォルダは複数を登録に対応しており、サブフォルダも対象に含めることが可能


  他に指定できる条件としては下記のようなものがあります。
  * 空のサブフォルダの削除
  * 削除対象とするファイルの拡張子
  * 検索ファイル数の制限



対応OS : Windows XP/Me/2000/98
※こちらからダウンロードできます(左のメニューより)



Wise Disk Cleaner パソコン内の不要ファイルをまとめて削除できるフリーソフト

Wise Disk Cleaner
Wise Disk Cleaner 使い方


パソコン内の不要ファイルをまとめて削除できるフリーソフトです。
Windowsの一時ファイルや指定の拡張子のファイルを一括削除できたり、指定のフォルダの内容を対象にすることもできます。
一時ファイルを消してくれるフリーソフトは結構ありますが、このソフトの良い部分は指定フォルダの中身も一括削除の対象にできることです。
例えばいろんなソフトが出すログファイルなどは、何もしなければどんどんたまっていってしまいますが、Wise Disk Cleanerでログファイルが出力されるフォルダを指定しておけば簡単に削除できます。


◆Wise Disk Cleanerの使い方
・フォルダクリーナ

フォルダを登録しておくと、その内容を不要なものとして削除してくれる。最近使用したフォルダの履歴やWindows一時ファイルなどのフォルダは、チェックボックスにマークするだけで指定できる

・オートラン

「自動実行」「手動実行」の選択や「完了後のプログラム自動終了」、クリーン方法の選択(完全に消去/ごみ箱に削除)など

・除外リスト

削除の対象外に指定したいフォルダ/ファイル、拡張子を登録できる

・スケジュールタスク

クリーンアップの自動実行や定期実行を登録

対応OS : Windows Vista/XP/Me/2000/98/NT
※こちらからダウンロードできます




StorageSweeper インストール不要のデータ完全消去ができるフリーソフト

StorageSweeper


windowsのゴミ箱からファイルを削除したとしても、ファイルへの索引が内部的に消されるだけで、物理的にハードディスクにスキャンをかけるとファイルそのものが残っており、復元させることができます。
復元されたくないファイルについては、そのファイルのデータが書き込まれている場所にデータを上書きする必要があります。
その上書きをドライブ、リムーバブルメディアの単位でファイルの削除と同時に行ってくれるフリーソフトです。

インストール不要ですので、外出先でUSBに一時的に入れた機密データを使った後には、にこのソフトを使って完全消去できます。
関係者外秘、個人情報を持ち歩かなければならない営業さんなどには便利なソフトです


提供元 : eaxのホームページ
※こちらからダウンロードできます