フリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

ファイルまたはフォルダの削除エラーの対処方法(Unlockerの使い方)

Unlocker:ファイルロックを強制解除するフリーソフト

ファイルを消そうとしたら

%E3%81%BB%E3%81%8B%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%81%AF%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A6.JPG


ファイルまたはフォルダの削除エラー

「xxxを削除できません。ほかの人またはプログラムによって使用されています。
 ファイルを使用している可能性があるプログラムをすべて閉じてから、やり直して下さい。」

「xxxを削除できません。ファイルは次のプログラムによって使用されているます」

こんなメッセージが出た場合、ファイルを使っているプログラムを終了させれば通常解消します。

しかし、

何がファイルを開いているのかかわからない・・・
ファイルは開かれていないはずなのに・・・

と言った場合に、強制的にファイルロックを解除するフリーソフトです


◆Unlockerの使い方
1.Unlockerを起動し、アンロックする対象のフォルダ、ファイルを選択します


Unlocker1.jpg


2.アンロックをします
開いているプロセスが無く、不正にロックが残っている場合は「ロック解除」
開いているプロセスがあり、ロックされている場合は「プロセス停止」


Unlocker2.jpg

全てを試してはいませんが、以下のような機能を持っているようです
・ハンドルのクローズ
・プロセスの強制終了
・DLLのアンロード
・ファイルの削除、リネーム、移動
・リブートを含む削除操作など
・コンテキストメニューへの追加

ダウンロードはこちらから




セキュリティセンターからの警告メッセージを無効にする方法

Windows XP/Vistaでセキュリティセンターからの警告メッセージを無効にする方法

警告無効方法(Windows XP)
1. 「スタート」-「コントロールパネル」-「セキュリティセンター」
2. Windows セキュリティセンターが開きますので、左のヘルプから「セキュリティセンターからの警告の方法を変更する」をクリック
windows_security_center.JPG

3. 警告の設定画面で、警告を必要としない項目のチェックをはずし、「OK」をクリック
windows_security_center2.JPG


※Vistaでも基本的には同じ操作で、最後、警告の通知を受け取るかどうかの選択画面になります


別の手段として、msconfigコマンドよりSecurity Center サービスを停止することで、セキュリティセンター自体を無効にすることもできます



Microsoft WINMM WDM Audio Compatibility Driverに「!」マークがついて音が聞こえなくなった場合の対応

パソコンのメンテナンスでmsconfigをいじって再起動をしたところ、なぜか音がでなくなってしまいました。
コントロールパネルのサウンドとオーディオデバイスを開くとデバイスが無しになっていました。

デバイスの状態を見ようと「マイコンピューターを右クリック」-「管理」-「デバイスマネージャー」を開くと、


Microsoft%20WINMM%20WDM%20Audio%20Compatibility%20Driver.JPG


Microsoft WINMM WDM Audio Compatibility Driverに「!」がついていました。
項目を選択してDelを押して削除します

削除する際にはこのような確認メッセージが出ますのでOKを。

Microsoft%20WINMM%20WDM%20Audio%20Compatibility%20Driver2.JPG

後はパソコンを再起動し、自動で新しいデバイスが認識、インストールされ元通り音が出るようになりました。