フリーソフトとPCツール

TOP | RSS | ABOUT | Add to google | Add to Yahoo! bookmark

HyperDiskCache:メインメモリを手軽にディスクキャッシュ設定してくれるソフト

HyperDiskCache

フリーソフトを紹介してきましたが、今回のHyperDiskCacheは有償のソフトです。
なぜ有償のものを紹介するかというと、すごいからです。
もちろん試用版がありますので、ぜひ試してみてください


HyperDiskCacheはパソコンのメモリをディスクキャッシュとして流用し、ディスクアクセスを高速化するソフトです
使い方は簡単で、

①インストール
H1.JPG


②再起動
H3.JPG


③メモリの1割をディスクキャッシュとして確保⇒勝手に高速化!

もちろん、設定をすることも可能です。


設定方法は


タスクバーにあるHyperDiskCacheのアイコンを右クリックすると、設定パネルが出せます
設定パネル上から、キャッシュに使うメモリ量の変更などを行うことができます


ちなみにHyperDiskCacheの機能としては、メーカーHPに次のように書かれています


* ディスクへの書き込みは必要な時だけ実行
遅延書き込みにより、ディスクへのアクセスを裏で実行。ユーザーからは瞬時に書き込まれたように感じるため、体感速度が大幅に改善されます。
* ディスクヘッドの動作負担を軽減
 ディスクのヘッドが出来るだけ動かなくて済むように、ディスクアクセスを最適化。移動時間を短縮して高速化を行います。

* メモリを割り当てる必要なし
 初期にシステム全体の1割だけ固定でメモリを割り当て、あとは必要に応じて自動確保・解放。あらかじめ使用メモリ量を固定的に割り当てる必要はありません。

* Windows管理外メモリを使用可能
  32ビット版で、Windows管理外メモリを使用可能。4GBを超えるメモリや、BIOSが移動した競合メモリを効果的に利用・メインメモリの圧迫を最小限に出来ます。

* ブート時のアクセスを最適化
 ブート時のディスクアクセスを学習し、アクセスを最適化。ブート速度を改善します。

* ディスクへの転送要求を激減
 転送要求をある程度まとめることにより、ディスクとのやり取りを減らして効率アップ。

* アプリケーションの優先度を考慮
  Windowsが管理する優先度を考慮し、高い優先度の要求を優先して実行。ユーザーの操作性を高めます。

* ハードウェアRAIDインターフェイスに対応
 互換性を重視し、特定のインターフェイス依存するようなことが無いように注意して設計しました。
 また、Windows標準のダイナミックディスク構成による「ミラーリング」「ストライピング」「RAID5」をサポートしています。

* ほとんどのWindowsに対応
 Windows2000から最新のWindows 7まで、ほとんどのWindowsに幅広く対応。32ビット・64ビット(x64)どちらでも動作します。もちろん、64ビット版は完全ネイティブ動作です。
 また、Windows Server 2008のようなサーバーバージョンでも動作します。互換性の検証のため、NEC PC-9821での動作を確認しています。


試用版のダウンロードはこちらから
対応OS:Windows 7/Vista/XP/2000



インターネット接続を高速化するソフト「EditMTU」

EditMTU


ネットワーク上の通信はMTU、RWINといった設定値を使って通信を行います。
この値を最適に調整することでインターネット接続(ADSL、FFTH、CATV)をより高速に行うことができるようになります。
MTU、RWINの値は、本来通信速度を測定し、複雑な計算をした上で求められる値が最適値なのですが、私たち素人には難しすぎます。
このソフトはそこを自動的に測定し、設定してくれる優れものです。


◆使い方
 1.自動設定タブ「速度の種別」を選択し設定開始をクリック
editmtu.jpg


 2.測定結果が出たら「Registryに書き込みます。良いですか?」に「はい」
editmtu2.jpg


 3.最後にWindowsを再起動して反映させます
editmtu3.jpg


対応OS : Windows 98/ME/2000/XP
※こちらからダウンロードできます



Startup Delayer スタートアップの起動時間を調整できるフリーソフト

Startup Delayer


startdelay.JPG


Windowsが起動する際、同時に全てのプログラムを立ち上げようとします。
そのため、各ソフトが起動するためにCPUを使おうとし、内部的には取り合いになって非効率な状態になってしまいます。
それらの交通整理をすることで、windowsの起動が早く、スムーズになります。
Startup DelayerはWindows起動後のソフト起動タイミングを視覚的に確認し、調整できるソフトです。


提供元 : r2 studios
対応OS : Windows 98/Me/2000/XP/Vista/XP
※こちらからダウンロードできます



サービス終了確認の待ち時間を変更してWindowsXPのシャットダウンを高速化

WindowsXPをシャットダウンする際にはサービス全てが終了しているかをチェックする機能があります。長い時間待たされるのは、このチェックで応答がないサービスがあった場合なのです。
この待ち時間を短縮してさくっとシャットダウンしてしまいましょう。
※作業前には必ずレジストリのバックアップを取得しておいて下さい。



◆変更方法
1.スタートメニュー-ファイル名を指定して実行-「regedit」と入力OK


2.レジストリエディタが起動するので、メニューの編集-検索-「WaitToKillServiceTimeout」
HKEY_LOCAL_MACHINE→SYSTEM→CurrentControlSet→Controlにある
「WaitToKillServiceTimeout」が出てきます。
shutdown1.JPG


3.「WaitToKillServiceTimeout」の行をダブルクリックすると、デフォルトでは20000と入っていると思いますが、それを例えば10000に書き換えてOK
※この値はミリ秒となります(10000=10秒)
shutdown2.JPG


シャットダウン時に問題がでるようであれば、この値を元に戻すか、バックアップしたレジストリを復元して下さい。



UltimateDefrag 優先度の高いプログラムをより高速にアクセスできる位置に自動でデフラグしてくれるフリーソフト

UltimateDefrag

UltimateDefrag%20Freeware%20Edition.jpg

もっとも優先度の高いプログラムをハードディスクの中でもっともアクセスしやすい場所において高速化してくれるフリーソフト。
CPU、メモリ、ハードディスクの中で一番アクセスが遅いのがハードディスク。
そのアクセスネックになるハードディスク上のデータ配置を優先度に応じて再配置してくれます。

もちろん自動で使用頻度の解析の上、頻度の高いものはハードディスク上でもアクセスが一番高速にできる位置に移動し、同時にデフラグもしてくれます。

スクリーンセイバー時のみに動かすなどの動作設定も可能です。



起動時のWindowsロゴ表示を省略し、起動時間を短縮する

パソコンの電源を入れるとBIOSというハードウェア上のソフトウェアが起動し、CPU、メモリ、ハードディスク、グラフィックカードなどを認識していきます。
その後ハードディスクからWindowsを読み込み起動するわけです。
起動時は黒い背景にWindowsのロゴが表示されているこの画面ですが、これを消すことでほんの僅かですが起動時間が短縮できます。
noguiboot.jpg



◆noguiboot設定方法
1.「スタート」-「マイコンピュータを右クリック」-「プロパティ」
noguiboot1.JPG

2.「詳細設定タブ」-「起動と回復欄の設定ボタン」
noguiboot2.JPG


3.「起動システム欄の編集ボタン」
noguiboot3.JPG


4.メモ帳でboot.iniが開きますので、画像のように最後に「/noguiboot」と追記して保存
これで次回の起動からはWindowsのロゴが表示されなくなります。
noguiboot4.JPG


ちょっとさびしいかも知れませんが、最初からそうだと思えばなんてことないですよ。


やっぱりさびしいという人のために、起動時に表示されるロゴを気に入ったものにする方法を今度書きますね。



スタートアップを交通整理して高速起動「StartUp Sequencer」

StartUp Sequencer


CPUへの負荷が90%~100%の状態で、さらにアプリケーションの実行など過負荷になると、システムのオーバヘッドと言われる管理処理の負荷が大きくなり、本来のCPU性能がでなくなってしまいます。
windowsのスタートアップはその点考慮されておらず、登録されているものを次々起動してしまいます。
そこで、このソフトを使って、順番に起動することでオーバヘッドをなくし、効率的に起動していこうということです。


簡単にいうと交通整理をしてくれるわけです。


設定方法


1.「スタート」-「StartUp Sequencer」-「StartUp Sequencer設定のウィザード」
start_setup1.JPG


2.ウィザードへようこその画面がでるので「次へ」
start_setup2.JPG


3.スタートアップフォルダの場所の指定画面がでますが、変更せず「次へ」
start_setup3.JPG


4.設定ファイルの保存場所ですが、これも変更せず「次へ」
start_setup4.JPG


5.宣伝ページがでますので「次へ」(この例では、firewallがインターネットアクセスを弾いたため表示されていません)
start_setup5.JPG


6.設定がおわりましたので「完了」
start_setup6.JPG


7.最後に、今までスタートアップフォルダにあったものを削除します(この例ではbkupフォルダを作成して移動しています・・・何かの時に戻せるように)
start_setup7.JPG



機能概要
 * スタートアップの進行状況が目で見える(信号機の横の三角形表示のイメージ)
 * (おおよそではあるが)実行順序の指定が可能(=タスクトレイのアイコンの順序を整理できる)
 * HDDのヘッドの移動回数が減少し、結果としてHDDの駆動音が静かになる
 * スタートアップ処理を中止しやすくなる
 * スタートアップ情報を別ファイルとして持っているので、OSの再インストールでも情報が消えない
 * レジストリを使用していないので、OSの再インストール時に復元が簡単。
 * 一部アプリを一時的に起動を抑止することが可能
 * 簡易なバッチファイルとして使える(たとえば、回線接続時にメールソフトやICQなどをまとめて起動するなど)
 * いくつかのスタートアップを用意して置いて、状況に応じて使い分けることがしやすくなる
  ※なお、高度な設定にSCB@WIN(旧称Simple Card Base for Windows)を使用します。別途インストールしてください。詳しくは、http://www.vector.co.jp/authors/VA017138/をご参照下さい。


対応OS : Windows Me/2000/98/NT (XPは動作確認)
提供元 : 作者のページ
※こちらからダウンロードできます



自動起動するサービスを停止してログインを高速化

使っている人にはわからないが、Windowsにログインする際には様々なサービスが起動されています。
その中にはめったにつかわなかったり、常駐していなくても良いものがあります。
それらを停止することでログイン時間が短縮されたり、通常使用時の負荷を若干ですが軽減することができます。


サービス停止方法
1.「コントロールパネル」-「管理ツール」-「サービス」をクリック
kousokuka_service1.JPG


2.「全般タブ」-「スタートアップの種類を手動」にしてOKをクリック
kousokuka_service2.JPG



停止するサービスですが、名前を選択すると簡単な説明が出ますので、それを頼りに自分が必要かどうかを考える必要があります。
選定の基準としては、状態が開始になっているもの、スタートアップの種類が自動になっているものから考えて下さい。(状態と書かれている部分をクリックするとソートされます)


ざっと見たところ検討できそうなところはこんなとこでしょうか。
変更は自己責任で行ってくださいね。(とは言っても設定を戻せば元通りですが・・・)




Remote Registry
リモート ユーザーがこのコンピュータのレジストリの設定を変更できます。このサービスが停止された場合は、このコンピュータのユーザーのみがレジストリを変更できます。このサービスが無効になった場合は、このサービスに明示的に依存しているサービスはすべて開始できなくなります。


Automatic Updates
Windows Update のダウンロードとインストールを有効にします。このサービスを無効にしている場合は、自動更新機能や Windows Update の Web サイトをこのコンピュータで利用できません。


Computer Browser
ネットワーク上のコンピュータの最新の一覧を管理し、その参照者として指定されたコンピュータに一覧を提供します。このサービスが停止している場合は、一覧は更新も維持もされません。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存するサービスは何も開始できなくなります。


Help and Support
ヘルプとサポート センターを有効にし、このコンピュータで実行するようにします。このサービスを停止すると、ヘルプとサポート センターを利用することはできなくなります。このサービスを無効にすると、このサービスに明示的に依存するサービスは開始しません。


Print Spooler
遅延印刷をするために、ファイルを読み込んでメモリに格納します。


Messenger
ネットワーク送信と警告サービス メッセージを、クライアントとサーバーの間で転送します。このサービスは Windows メッセンジャとは関連していません。このサービスが停止している場合は、警告メッセージは転送されません。このサービスが無効になっている場合は、このサービスに明示的に依存するサービスは何も開始できなくなります。


ClipBook
クリップブックを使って情報を保管し、リモート コンピュータと共有することができます。サービスが停止された場合は、リモート コンピュータと情報を共有できなくなります。このサービスが無効になった場合は、このサービスに明示的に依存しているサービスはすべて開始できなくなります。


Telephony
テレフォニー デバイスと IP ベース音声接続を制御するテレフォニー API (TAPI) を供給します。ローカル コンピュータと同様、このサービスを実行しているサーバーを LAN をとおして制御できます。



レジストリのバックアップと復元方法

Windowsの重要な管理情報はレジストリというところに記載されています。
致命的な問題がある場合は、大体その部分に問題があることが多いです。
そこで、きちんとバックアップを取っておいて、万が一に備えましょう。


◆レジストリのバックアップ方法
1.スタート-ファイル名を指定して実行-名前欄に「regedit」と入れてOK
regbkup.JPG


2.レジストリエディタが起動するので、左のツリー最上部の「マイコンピュータを右クリック」
regbkup2.JPG


3.表示されたメニューから「エクスポート」を選択
regbkup3.JPG


4.保存場所を選択して、ファイル名を入力、保存ボタンを押すとバックアップが取得されます。
regbkup4.JPG


◆レジストリの復元方法
1.バックアップしたxxxx.regファイルをダブルクリックするだけ!
regbkup5.JPG



ハードディスクの読み書きの音を静かにするフリーソフト「Feature Tool」

Feature Tool


Feature%20Tool.JPG


Feature Toolはが日立グローバルストレージテクノロジーズが提供する、フロッピー、CDから起動させて使用するハードディスクの設定変更ツールです。
ハードディスクの設定を変えることで、パフォーマンスを下げることで読み込み時のカリカリいう音を抑えることができます。
もともとIBMのハードディスク部門で開発されたものですので、IBM、HITACH両方のハードディスに対応しています。
その他のメーカのものにも対応しているとは思いますが、自己責任で実施して下さい。


設定画面はBIOSをイメージして頂ければ良いと思います。


マニュアルはこちらで公開されています。

機能概要
* シーク音を静音モードまたは最大性能モードに変更。
* 電源モードの変更
* キャッシュセッティング
* Ultra DMAモードを切り換え
* ドライブ容量の変更
* S.M.A.R.T.情報の表示
* ドライブの温度の確認
* S-ATAセッティングの変更


提供元 : 日立グローバルストレージテクノロジーズ
※こちらからダウンロードできます



CPUの温度を正確に測定、表示する「Core Temp」


Core Temp




coretemp.png

主にゲーム、3D動画に多いと思いますがCPU負荷が高い状態が続くと非常にチップ自体が熱くなります。
通常は40℃程度ですが、負荷がかかり続けると50~60℃になり、70℃以上になることもあります。
そのくらいになるとCPU内部の保護機能でパソコンをダウンさせて温度を下げるような動きになることもあります。


特にクロックアップされている方などは、通常より高温になりやすいので、きちんと温度を見極めておかないと、CPUの内部配線が焼けてしまうことも。


対応OS : Windows 2000, XP, 2003 and Vista
※こちらからダウンロードできます



カーネルをメモリに常駐化させて高速化する設定「窓の手2004」

kernel_memory.JPG


レジストリを変更することで、カーネルをメモリに常駐化させてwindows自身の高速な動作を維持する設定ができますが、それをGUIから誰でも簡単に設定できるようになっているのがこのソフトです。


設定方法はいたって簡単。


1.窓の手2004を起動
2.パフォーマンスタブを選択
3.カーネルを常に物理メモリに配置にチェック
4.設定反映
5.windowsの再起動


こちらから窓の手2004についての記事が見れます。



システムの負荷を見て空いている時にこっそりデフラグしてくれるソフト「Smart Defrag」

Smart Defrag
Smart%20Defrag1.jpg


CPUとDISKの使用率を見て、負荷が低い時間帯に勝手にハードディスクをデフラグしてくれるフリーソフトです。
いやー、こんなの探してました。
思い出したかのようにデフラグをやりたくなっても、出社中は使ってますのでついついそのままになりがちです。
これを使えば、もはやそんなことを気にしなくてもすみますね。


◆使い方
使い方は簡単。
  1.Smart Defragを起動する
  2.左のアイコンAuto Defragをクリック
  3.Recommendedボタンを押す(推奨設定になります)
     * 推奨設定の内容
       負荷:40%を超えたら一時停止
       開始:5分以上アイドル状態になったら自動スタート
  4.Applyボタンを押す(設定が反映されます)


Smart%20Defrag.JPG



対応OS : Windows 98/Me/NT/2000/XP/2003/Vista
提供元 : IObit.Com
※こちらからダウンロードできます



グラフィックカードの視覚効果を調整して高速化

パソコンの画面に表示される画像処理のほとんどはグラフィックカードというCPUとは別のチップが処理しています。
そこで、そのグラフィックカードの設定を変更することで高速化をします。

1.コントロールパネルの画面のプロパティの設定タブを選択し、詳細設定ボタンを押す
一番効果的なのは画面の解像度を落とすことですが、これをやるとデスクトップの表示が大きくなり手狭な感じになってしまいます。(気にならない人はどーぞ)
XPkousokuka2_1.JPG


2.グラフィックボードのタブを選択し、コントロールパネルの起動
※GeForceというタイプのグラフィックカードを搭載している場合です
XPkousokuka2_2.JPG


3.プレビューによるイメージ設定の調整でマイプレファレンスを使用するを選択し、スライダーをパフォーマンスに設定
XPkousokuka2_3.JPG



パフォーマンスの視覚効果を減らしてPC高速化

windowsXPでの表示は結構視覚効果が使われています。
気づかない部分も多いので、そういったところはカットして高速化します。


1.マイコンピューターを右クリックしプロパティを選択
XPkousokuka1.JPG


2.詳細設定タブを選択し、パフォーマンスの項目の設定ボタンを押す
XPkousokuka2.JPG


3.視覚効果タブからカスタムを選択し、「ウィンドウとボタンに視覚効果スタイルを仕様する」にチェック
XPkousokuka3.JPG
見た目がWindows2000までのクラシックスタイルでも良い人はこれも外すと良いです
ただ、XPに慣れてしまった今では少しそっけないですけど・・・



ctfmon.exeを自動起動しないようにする

高速化という程のものではありませんが、多くのWindowsユーザは使っていないのがctfmon(テキスト・サービス)です。
※テキスト・サービスとは入力処理を拡張するために提供されており、音声認識入力や手書き認識入力などが扱えるようになるものです。

これを停止することで若干もメモリが節約できます。
ctfmonは不具合も過去多く出ていますので、使っていない機能でエラーになるのも納得がいかないとおもいますので不要な人は止めておくと良いでしょう。

◆設定方法
1.コントロールパネル-地域と言語のオプション-言語タブ-詳細ボタンをクリック
ctfmon_stop1.JPG

2.詳細なテキストサービスをオフにするをクリック
ctfmon_stop2.JPG



WindowsXPの設定を変更して高速化する「Win高速化 XP+」

Win高速化 XP+

windowsXPを高速化するためにいろんな設定ができますが、自分で一つ一つ設定していくのはとても面倒です。
そんな人にお勧めなのがこのソフトです。

◆設定項目の概要
起動すると8つのタブが表示されますが、左側の5つが高速化設定のタブになります。

winaccelerator.jpg

* システム
Windowsの基本機能をメモリにあらかじめ読み込んでおいたりと、主にメモリを使ったシステム全体の動作に関する設定です
* デスクトップ
サブメニューの表示待ち時間を早くしたり、不要なメッセージを表示させないなど、メニュー操作やメッセージに関する設定
* エクスプローラ
フォルダ内容の自動更新間隔を変えたりと、エクスプローラの動作に関する設定
* 起動・終了
Windows XPの起動・終了時の処理を見直すことで起動と終了を高速化する設定
* その他
インターネットの同時ダウンロード数を増やし接続速度を高速にしたり、アニメーション効果止めるなど、その他の高速化設定


◆お勧めの設定
各設定の詳細説明は項目をクリックすると表示されるようになっていますが、面倒な方のために私のお勧め設定を載せておきます。


* システム : 1,4,6,7,8
* デスクトップ : 2,4,6,8
* エクスプローラ : 2,4,5
* 起動・終了 : 1,2,3,4,5,6,7,9
* その他 : 1,3,5,6,7,8,9



対応OS : windows XP/2000/98/95/Me/NT
提供元 : Attosoft (現在はありません)
※こちらからダウンロードできます
※こちらは当サイトのバックアップです



レジストリをデフラグしてWindowsXPを高速化「NTREGOPT」

NTREGOPT

ハードディスクと一緒でパソコンを使っているとデフラグが必要なレジストリ。
ハードディスクは一般的ですが、レジストリまでやっている人は少ないんじゃないでしょうか。

◆使い方

1.ダウンロード
2.インストール
3.起動
(ここまでは省きます)
4.OKをクリックしてレジストリのデフラグ開始
NTREGOPT1.JPG

5.デフラグ中です
NTREGOPT2.JPG

6.デフラグが完了し、どの程度フラグメンテーションが解消されたかを表示してくれます
  そして、レジストリを変更したので、再起動するか尋ねてくるのでOKと
NTREGOPT3.JPG

対応OS : Windows NT/2000/2003/XP/Vista
※こちらからダウンロードできます



TuneXP 【PC高速化】

TuneXP


6-1tunexp.gif


TuneXPはWindowsXPのシステムファイルを最適化(起動時に読み込まれるシステムファイルをハードディスク上で並べ替える)して、 Windowsの起動を高速化することができるソフトです。

その他、システム系ファイルをハードディスクの早い位置に置き、OSの動作を早くすることもできます。
機能は他にもありますので試してみると良いです。


機能詳細

* システムファイルの最適化
* ブートファイルのデフラグ
* 高速シャットダウン
* プリフェチ(先読み)ファイルのクリア・最適化
* DLLのオープンを高速化
* UDMA/66(パソコンとハードディスクなどを接続する規格の拡張仕様)の有効化
* チェックディスク
* 日本語化 - deの部屋

注意)ブートファイルのデフラグ中はPCの電源を落とさないで下さい、再起動できなくなる場合があります
※ダウンロードはこちらから

続きを読む